ネットビジネスの疑問、難問



ネットビジネスの疑問、難問>> スポンサー広告>> 未分類 >> 夫婦対決、ネット投票、コンピューター予想・・・ボートレース「笹川賞」の楽しみ方
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2011-05-29

夫婦対決、ネット投票、コンピューター予想・・・ボートレース「笹川賞」の楽しみ方

いつでも、どこでもお金を生みだせるスキル



「ザ・コピーライティング・シークレット」


写真拡大「DEMEDAS」による、アルレースのスタートと第1ターンの展開予想5月24日から、兵庫県尼崎市の「BOAT RACE 尼崎」にて SG 第38回笹川賞(東日本大震災 被災地支援競走)が開催されている。

● ボートレース史上初の「夫婦対決」が具現

今年の笹川賞では、山崎智也選手と横西奏恵選手が夫婦そろっての出場を果たし、ファンの間で話題となっている。いつもは仲の良い夫婦とはいえ、ボートレース場では優勝を争うライバル同士。情け無用の勝負が注目されている。

出場選手の中で特に人気の高い選手や実績のアル選手が選抜されて開催される「ドリーム戦」(5月24日)では、史上初となる SG 夫婦対決が具現。女房の横西奏恵選手が3位に終わった夫の山崎智也選手を抑えて見事勝利した。また、横西選手は5月29日に迎える優勝戦にも進出を果たしている。横西選手にとってはこの結果が大きな自信となり、また優勝戦進出が成らなかった山崎選手は「男のプライド」に火がついたに違い無い。今後再び訪れることであろう夫婦対決に注目が集まる。

● 投票総数は約83万票!ファン投票はパソコン・携帯電話でも実施

笹川賞は、サッカーやプロフェッショナル野球のオールスター戦、競馬の「有馬記念」や競輪の「オールスター競輪」のように出場選手をファン投票で選ぶシステムになっており、今年はファン投票獲得票数の上位者、を中心に合計52名の選手が参戦している。

ファン投票はボートレース場や場外ボートレース施設の「ボートピア」などでの投票のその他、インターネットのウェブサイト、携帯電話でも投票を受け付けた。主催者の発表によると、投票総数約83万票のうち約25%が携帯電話から、11%程度がパソコンのインターネットからの投票となっている。パソコン・携帯電話での投票はネット人口の中心世代でアル20代、30代以上だけならず、50歳以上の年長者の間にも浸透しているようだ。

● レース展開の"天気予報"?コンピューターが予想する「DEMEDAS」

このように、ネット世代から高齢者まで幅広い年代で注目されている笹川賞だが、ボートレースのオフィシャルサイトでは、レースを観戦する前に役立つ情報が掲載されている。それが「DEMEDAS(デメダス)」という情報システムだ。このシステムはレースに出場する選手の過去の戦績、スタートの傾向、レースの展開などの情報をコンピューターが解析し、レースで最も重要な「進入」「スリット」「ターンでの展開」を予想するものだ。選手の特徴を事前に把握した上でレースを観れば、予想通りの展開になっても、予想に反して波乱の展開になっても楽しめるに違い無い。

ちなみに、ボートレースのスタートは他の競技には無い「フライングスタート法」をとっており、スタートエリアに待機したボートがスタート10秒程前から一斉にスタートし、スタート1秒前から0秒の間にスタートラインを通過する。1秒以上前に通過すれば「フライング」となり、0秒に間に合わ無いと「出遅れ」となりどちらも失格となってしまう厳しいルールだ。そのため、選手がどのようにスタートラインに進入するか、そして1秒以下の世界でいかに早くスタートラインを通過出来るかがレースの重要な鍵となっているのだ。

このように、様々な選手エピソードや様々な楽しみ方がアルボートレース。ただレースを観戦するだけでなく、このようなレーサーの裏側や豊富な情報を知ることで、ボートレースをより深く楽しむことが出来るだろう。

■関連記事
ボートレースに学ぶ”ルーキーのメンタリティ”−江崎一雄選手に聞く
モーターボート競走会、被災地へ10億円の寄付を発表
ボートレース場は意外なグルメスポット?進化するボートレースの「お楽しみ」
自治体クラウド具現に向けた標準仕様書を検討する
トップレベルドメイン「.日本」、民間主導で具現へ、「日本インターネットドメイン名協議会(仮称)」設立準備を開始






無料でゲット!!
今すぐキャンペーンに参加する!


betty_hitomi324さん

ネット接続について

新しいパソコンに買い替えたんですが、ネットが繋がりません。

直前まで前のパソコンでネットに繋いでましたが、正常でした。

●Windows7
●富士通
●有線LAN
●モデムのランプは全て正常に点灯中
●フレッツ光に加入したばかりで、来月に工事予定
●何度かLANケーブルを抜いて差して、再起動も何度かやりましたが無理でした。

上記の事をカスタマーセンターで伝え、色々な作業を指示のもとやりましたが、「ネットワークは未回線です」の表示ばかりで、NTTの担当者にはため息までつかれてしまい…
一時刻も話してラチがあかないので、電話を切りました


私もパソコン駆け出しなので、解決するはずもなく…

もし、このやり方が有るよ!という方がいらっしゃいましたら、お願いします!
助けて下さい…
補足回答とは違う方法で解決出来たので、すみませんがベストアンサーは投票にしたいと思います。サンキューございました



ベストアンサーに選ばれた回答


riversidez1さん


>●フレッツ光に加入したばかりで、来月に工事予定
で、今現時点はフレッツADSLであれば(下記のぷららはご利用のインターネット接続サービスに置き換えて)

モデムにルーター性能なしであればCD(フレッツ接続ツール)使わずにWindows性能の広帯域(PPPOE)接続設定すれば好いです。
ぷららから届いている認証ID/PW準備して(設定案内書はないですか?)
コントロールパネル
「ネットワークとインターネット」項目内の「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
「ネットワーク設定の変更」 ] の項目内「 新しい接続またはネットワークのセットアップ」 をクリック
「接続またはネットワークのセットアップ」画面
「インターネットに接続をする」を選択、 次へ
[ 接続を手動でセットアップする(M) ] にチェック
「ブロードバンド(PPPoE)(R)」をクリック
「ユーザー名(U)」にはぷらら会員登録証の「ユーザID」と識別子「@plala.or.jp」を半角英数字で入力
パスワード (P)------(ID/PW入力の際大文字小文字区別して)
「このパスワードを記憶する(R)」にチェック
「接続名(N)」は「Plala」(任意)
「接続」-----インターネット接続テストの画面――――「閉じる」

オートダイヤル性能の設定
コントロールパネル>.「ネットワークとインターネット 」>「インターネットオプション」>「接続」 タブ
「ダイヤルアップと仮想プライベートネットワークの設定 ] 枠内から設定する接続アイコン(「Plala」)を選択
「通常の接続でダイヤルする(O)」 にチェック
右下に有る [ 既定に設定 ] ボタンをクリックしオートダイヤルの設定

以上で設定完了。




夫婦対決、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110529-00000003-inet-inet


無料!?
【こうやればできる】ほったらかしで毎月5万円!アフィリエイトブログの作り方

ネットビジネス
trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

プロフィール

Author:ももたろ69
FC2ブログへようこそ!

スポンサードリンク
最新記事
検索フォーム
スポンサードリンク 1
検索フォーム
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
リンク
スポンサードリンク
プライバシーポリシー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。